がん保険の見直しをしてみませんか?

がん保険に加入をしていた父に見直しを勧めたのは、その補償内容に最もな治療方法を含んでいなかったからでした。

がん保険の見直しをしてみませんか?

父にがん保険の見直しを勧めたこと

「パパ、本当にこれだけでいいの?」と父に言ったのは、父の加入していたがん保険の補償内容を初めて知ったときのことでした。父は今年で55歳になり、50歳になったと同時に、がん保険に加入をしていました。それは、父自身が将来なりうるかもしれないがんのために、自分の体はもちろん、一緒に暮らしている家族のことを考えてくれて、加入を決めたものでした。そんな父のがん保険に関しては、父が自分で管理をしていたため、詳しい内容は知らずにいたのです。そんなあるとき、テレビで保険の見直しを行ったという人にインタビューをしている様子を見かけ、私はふと、父に加入しているがん保険について聞いてみたのです。別にそれは、私の興味本位で聞いただけのもので、このときは特別、父にがん保険の見直しをしろと言うつもりはありませんでした。しかし私は、これを聞いたことによって、父にがん保険の見直しを勧めなければいけないと思ったのです。なぜならその補償内容が、あまりにもシンプルすぎるものだったからでした。通院費や入院費の補償はあったものの、その入院をした場合にかかる治療費についての補償が全くなかったのです。入院をしなければならないほどにもがんが悪化した場合、その治療には、抗がん剤を使ったり、手術が必要になってきます。しかし、父の加入していたがん保険には、その補償がついていなかったのでした。私は父に、どうしてこんなシンプルなものにしたのかと問うと、できるだけ保険料を安くで済ませたかったとのことでした。私はこのとき、お金よりも自分の体のことを大切にしてほしいと思い、がん保険の見直しを勧めたのです。すると父は、渋々といった様子ではあったものの、インターネットのホームページから、きちんと自分の加入していたがん保険について調べ、その見直しを行ってくれました。こうして父は、きちんとした補償のついたがん保険に加入し直し、今は安心して暮らすことができています。

オススメのサイト

Copyright (C)2014がん保険の見直しをしてみませんか?.All rights reserved.